【あさりの冷凍保存】あさりを冷凍保存するときに絶対にやっておくべき3つのこと

おいしさアップ, ご飯・おかず, 時短, 未分類, 長期保存あさり, 冷凍保存

1年に2回旬がある「あさり」。

冷蔵したら3日間ほどで消費期限を迎えてしまいます。

冷凍保存する場合、2~3か月保管できますが、その時に3つほど絶対注意すべきことがあります。

スポンサーリンク

あさりの冷凍保存の下準備

2月~4月くらいに春の旬を迎え、9月~10月ごろに秋の旬を迎えます。

どうせ冷凍保存するならば、旬の頃のあさりを保存した方が良いでしょう。

あさりの旬

 

あさりの冷凍前の3つ

あさりを冷凍する前の3つのやるべきことは以下です。

 

①あさりの砂出しを事前に行う。

②あさりは、下茹でして殻を外す。

③冷凍するときは、身と出汁に分けて冷凍保存する。

 

あさりの砂出しを事前に行う

あさりは、料理するにしても、冷凍するにしても、その時点で死んでしまいます。

以後は、砂抜きができません。

事前に丁寧に砂抜きしておく必要があります。

あさりの砂抜き

スポンサーリンク

そうでないと、食べた時に「じゃりっ」とか「がりっ」とかして、食べるのが嫌になってしまいます。

 

あさりは下茹でして、殻を外す

あさりは、冷凍保存の時に殻のまま冷凍したら、かさばってしょうがないです。

あさりの殻を外す

下茹でして、事前に殻を外しましょう。

水は、冷たい状態からスタートして、塩と酒を入れて強火にします。

沸騰したら15分ほど弱火で火にかけます。

 

火が入ったら、殻から身を外しましょう。

 

あさりを冷凍するときは、身と出汁を分けて冷凍する

あさりの身の冷凍

あさりを冷凍する際は、身と出汁を別々にして冷凍します。

身の部分は、身の部分だけでフリーザーバッグに入れて冷凍します。

 

出汁の部分は、出汁の部分でフリーザーバッグやタッパーなどに入れて冷凍保存します。

 

スポンサーリンク