【冷凍食品の秘密】アイスクリームには賞味期限なく、冷凍食品には賞味期限ある理由とは

冷凍食品アイスクリーム, 冷凍食品, 賞味期限, 賞味期限がない理由

アイスクリームには賞味期限がないのをご存知でしょうか?

凍っているから、ずっと日持ちするのかな、と思いがちですが、冷凍食品には賞味期限がありません。

その理由と、それぞれの違いをお知らせします。

スポンサーリンク

アイスクリームには賞味期限がない

アイスクリームを買ってきました。

アイスクリームの賞味期限

側面を見ても、賞味期限について一切かかれていません。

アイスクリームの賞味期限

種類やメーカーは選びません。

よく、賞味期限が書かれていそうなカップの裏にも書かれていません。

アイスクリームの賞味期限

 

アイスクリームは、-18℃以下で保存している限り長期保存が可能なので、法律で賞味期限の記載が省略できることになっています。

どのアイスクリームも同じです。

スポンサーリンク

アイスクリームには賞味期限がない

アイスクリームは、冷凍しているのだから長期保存できると言うのは、なんとなく理解できます。

では、冷凍食品はどうでしょう?

冷凍食品も思いっきり冷凍しています。

 

冷凍食品の賞味期限

今度は、冷凍食品を買ってきました。

冷凍食品の賞味期限

裏にしたら、思いっきり賞味期限が書かれています。

購入が、2019年9月ごろなので、賞味期限は約1年のようです。

冷凍食品の賞味期限

 

では、アイスクリームと冷凍食品、何が違うのでしょうか?

 

なぜ、冷凍食品には賞味期限があるのか

なぜ、アイスクリームには賞味期限がなく、冷凍食品には、賞味期限があるのか。

一番の違いは、「冷凍焼け」にあります。

 

冷凍焼けとは、物が凍った状態で、脂などが固体からいきなり気体になる現象です。(昇華)

これにより、美味しさは時間と共に失われていくのです。

冷凍食品は、冷凍焼け防止のための特別な素材で包装されていますが、冷凍焼けしないわけではないので、賞味期限の設定が必要なのです。

 

スポンサーリンク