【揚げ物の冷凍保存】「揚げてから冷凍」か「冷凍してから揚げるか」はどちらがおいしいのか!?

お手軽, ご飯・おかず, 冷凍食品, 時短, 未分類, 長期保存冷凍, 冷凍してから揚げる, 揚げてから冷凍, 揚げ物, 美味しさ

揚げ物は美味しいし、人気のメニューです。

唐揚げや天ぷらなど、美味しい揚げ物を挙げたらキリがありません。

ランチ、お弁当、夕食、晩酌と利用範囲は広いです。

その揚げ物がいつでも食べられるための、冷凍保存についてお知らせします。

スポンサーリンク

「揚げてから冷凍」か「冷凍してから揚げるか」問題

揚げ物(唐揚げ、天ぷら、コロッケなど)は、保存するとき、事前に揚げて食べられる状態にしてから冷凍するのか、衣をつけた状態で後は揚げるだけにしてから冷凍するのか、どちらがおいしいのか、と言う問題があります。

コロッケなどの揚げ物の冷凍保存

 

実は、どちらにも良い所があって、どちらも弱点があります。

それらを知った上で、あなたはどちらを選ぶのか決めてください。

 

事前に揚げてから冷凍する方法

事前に揚げてから冷凍する方法は、夕ご飯などで作るだけ作って、食べたいだけ食べて、残ったものを冷凍することができます。

食べたいだけ食べられると言うのは、満足感が大きいです。

 

スーパーのお惣菜の揚げ物なども、あげた状態で売られているので、食べなかったものを冷凍するのもこのパターンだと言えます。

スーパーのお惣菜の多くは揚げ物

スーパーのお惣菜も揚げ物が多いので、実に便利です。

 

一方で、油で揚げるため、冷凍した時も冷凍物に油を多量に含んでいます。

冷凍焼けの原因になるのです。

要するに、味が抜けやすい。

解凍した時に、美味しさが損なわれるのです。

 

また、普通に解凍しただけでは、衣がべちゃッとして、食感も損なわれます。

味も落ちて、食感も落ちる・・・この方法は冷凍に向いていないように感じます。

ところが、解凍のコツを知れば、美味しく解凍することができるのです。

 

揚げ物の上手な解凍方法

まずは、電子レンジで解凍します。

電子レンジは、解凍物の中心から加熱していきます。

完全に温まってしまうまでは過熱しなくてOKです。

 

その後、衣の表面に霧吹きで水をかけます。

揚げ物に霧吹き

その上で、トースターに入れて加熱します。

 

水分が蒸発するときに、べちゃべちゃになりかけた衣をカラッとさせる効果があるのです。

揚げ物をトースターで焼く

スポンサーリンク

冷凍して味が落ちる揚げ物を、表面カリっと、中はアツアツで食べることができるのです。

 

衣を付けて、揚げるだけにしてから冷凍する

揚げ物を作る過程で、衣を付けて、揚げるだけにした状態であげる方法です。

通信販売などで、揚げ物も買うとこのパターンが多いです。

その最大の理由は「美味しいから」です。

やっぱり、揚げ物は、揚げたてのアツアツが美味しいのです。

 

美味しく揚げる方法もあります。

揚げるときには、解凍してから揚げるのではなく、冷凍した状態のまま油に投入します。

冷凍した揚げ物は、冷凍したまま油に入れる

その方が、衣が外れにくくて仕上がりもきれいです。

先に解凍してしまうと、ベチャベチャになってしまうので、揚げたての良さを損ないます。

揚げ物は表面カリカリが美味しい

やっぱり、揚げたてをザクザク切ることも、揚げ物のおいしさの一つ。

いわゆる「しずる感」だと言えます。

揚げ物をザクっと2つに割る

 

衣も揚げたてで、ザクザクです。

この歯ごたえは、揚げたてだからこそ。

 

冷凍保存できる期間

冷凍保存できる期間は、約1か月間くらいとお考え下さい。

どちらも、更に長く冷凍保存することはできますが、冷凍焼けして味が抜けてきます。(=美味しくなくなってきます)

 

先に油で揚げてから冷凍する方法の方が、味の劣化はしやすいです。

スーパーのお惣菜の場合、揚げた状態でしばらく陳列されています。

家庭の冷凍庫に入れるまでの時間、酸化してしまっています。

つまり、味が落ち続けているんです。

 

味が落ちた状態の物を、冷凍しても、冷凍前よりもおいしくなることはありません。

揚げたての物を冷凍する場合は、粗熱を取った状態で、小分けにして、冷凍することをお勧めします。

小分けは、ラップかフリーザーバッグが良いですが、出来るだけ平たくして、凍りやすい状態にしてから冷凍した方が、美味しく冷凍できます。

 

スポンサーリンク