【冷凍ポテトの重さ】冷凍ポテトは、揚げる前よりも揚げた後の方が軽くなる疑問

冷凍食品, 時短, 未分類フライドポテト, 揚げた後, 軽くなる, 重くなる, 重さ

冷凍ポテトは、冷凍食品の中でも古くからあるメジャーな商品です。

揚げるだけで食べられる手軽さと、美味しさから人気は高いです。

ハンバーガーやピザのお供としては、不動の位置にいると言ってもいいでしょう。

この冷凍ポテトは、揚げると量が減ると言うのです。

詳しくお知らせします。

スポンサーリンク

冷凍ポテトは冷凍すると量が減る

冷凍ポテトは、揚げ物全般ですが、油で揚げると軽くなるのです。

冷凍ポテトは揚げたら軽くなる

 

ポテトの形や種類は問いません。

全ての冷凍ポテトであげた後は、軽くなるのです。

冷凍ポテトは全種類揚げると軽くなる

冷凍ポテトに限らず、天ぷらなどほとんどの揚げ物はすべてそうです。

天ぷらも揚げたら軽くなる

スポンサーリンク

 

揚げると軽くなる原理

油で物を挙げると、食材の中の水分は熱で蒸発します。

その代わりに、油が入ってきます。

水と油の比重を比べると約10%違います。

 

そのため、揚げる前の重さの約10%軽くなっていると言うわけです。

 

もう少し詳しくお知らせします。

揚げる前のポテトの含有水分量は、だいたい70~80%くらいです。

揚げた後の水分量は、20~30%。

ポテトチップみたいなものだと5%程度まで下がります。

その代わりに含まれるのが油です。

 

水の比重が1としたら、油の比重は0.9。

つまり、10%少なくなる。

水分のほどんとが油に置き換わったと考えたら、10%軽くなるのは当たり前となります。

 

例えば、幼稚園や小学校の催しなどでフライドポテトをしたとします。

重さで分けた場合、予定しただけの皿数そろわなくなってしまうのです。

体積は変わらないとしても、質量(重さ)が10%軽くなっているのです。

 

規定量で分けていくと、10%ほど足りなくなってしまうのです。

出店でフライドポテト

これは、間違えたわけでもなく、誰かがつまみ食いしたわけでもなく、単純に油と水の比重の違いなのです。

 

スポンサーリンク